土の回収 Retrieve of earth

2010年9月1日(火)、土と竹の回収

b0205315_1311978.jpg
松尾工務店の敷地内に置かせてもらっていた土嚢約400袋を、今度は芸大内に持ち込むので、搬入の前日(8月31日)、置き場所予定地の芸大の西門の内側の雑草と雑木を一人で刈り取って準備する。
b0205315_1315495.jpg
日通さんのトラックは、搬入のときの6tロングとちがって4t車。それでもめいっぱいつめこんで、2往復ですませることができた。
b0205315_1332088.jpg
土嚢を山のようにつみあげる。江戸期の土12tが、京都の西の端と東の端を往復したことになる。
b0205315_1333687.jpg
夕方、ふたたび美術館にもどって、再度、敷地を疏水の水で洗ってきれいにする。

これですべての作業終了。
美術館のcafe de 505の竹内店長が言ったように、@KCUA-Caféは「まぼろしのように」消滅した。


解体 decomposition(5) 2010/8/28(sat)

アクアカフェの解体 decomposition of @KCUA Café top
[PR]
by aKCUA-Cafe | 2010-09-11 16:00 | 解体 decomposition


水のゆくえ/アクアカフェ2010ドキュメント


by イノウエアキヒコ

プロフィールを見る

カテゴリ

概要 about
コンセプト concept
場所 site
大藪家 Oyabu's house
峠の茶屋 Touge-no-chaya
土のいえ Earthen house
材料 materials
制作プロセス process
5日間カフェ 5days of café
解体 decomposition
琵琶湖疏水 Biwako Canal
テキスト text
協力者 collaborators
問合せ contact

Link

フォロー中のブログ

つちのいえプロジェクト

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル