つちのいえ House with earth (1) 敷地、作業小屋、土採取

敷地 site

「峠の茶屋」が、大藪農園の一角に建てられたパラサイト型作品だったのに対し、「つちのいえ」は、京都芸大のキャンパス内に、ワークショップ型授業の一環としてつくられた(2010年9月現在未完)。
作業は、「峠の茶屋」完成後の2009年4月23日、雑草生い茂る「芸大の丘」を手入れすることから始まった。
b0205315_116539.jpg
通称「芸大の丘」は、キャンパス内で、地域の現地形が残る場所にあるが、長年にわたって放置状態にあった。雑草を刈ることから始まった敷地づくりの作業は、まるで土地開拓のようだった。
b0205315_1212618.jpg
埋もれていた円形の基壇を掘り出す。30年前のキャンパス造成のときに、花壇でもつくろうとしたのだろうか。
ここが敷地となる。
小清水漸先生(当時、京都芸大彫刻専攻教授)が顧問として熱心に指導してくださった。
b0205315_1395687.jpg
基準出しのため、敷地に杭を打つ。


作業小屋 shed

b0205315_15573256.jpg
生えている木を利用して、作業小屋をつくる。
b0205315_15574724.jpg
床は、廃材のパレットを利用。しかし水平はしっかり出す。
b0205315_15594232.jpg
これで雨天時の作業空間や、資材置き場、ミーティングスペースが確保できた。
このワークショップ参加者は、男女を問わず、将来、家は買わずに自分でつくるようになる(期待)。


土採取 getting earth

材料採取の段階も、場所の手入れも、制作の段階と同じ比重で重視すること、
材料は買わずに、すでにあるものを調達すること、
この2点は、峠の茶屋からアクアカフェに至る一貫したポリシー。
b0205315_1435156.jpg
2009年4月30日、9号線沿いの造成地で、斜面をけずっていた達城土木さんから、親切にも土を分けてもらう。
b0205315_1471184.jpg
別の残土置き場でも土をいただき、土嚢につめてピストン輸送する。

ハードな作業だが、この材料採取を通じて、身の回りの環境をすべて素材の宝庫とみなすようになった。
この感覚が1年後の大藪家の土救出につながっていく。


つちのいえ House with earth(2):版築、基本構造

つちのいえ House with earth top



[PR]
by aKCUA-Cafe | 2010-09-03 10:00 | 土のいえ Earthen house


水のゆくえ/アクアカフェ2010ドキュメント


by イノウエアキヒコ

プロフィールを見る

カテゴリ

概要 about
コンセプト concept
場所 site
大藪家 Oyabu's house
峠の茶屋 Touge-no-chaya
土のいえ Earthen house
材料 materials
制作プロセス process
5日間カフェ 5days of café
解体 decomposition
琵琶湖疏水 Biwako Canal
テキスト text
協力者 collaborators
問合せ contact

Link

フォロー中のブログ

つちのいえプロジェクト

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル