材料調達:ワラの調達 straw

壁土をつくるには、ワラをまぜる必要がある。
ワラを建材店や農協などから買わずに入手するには、稲作を行う農家と交渉して、秋の収穫後に行うしかない。
幸い、廃材や竹でお世話になっている大原野の大五さんから、ワラももらえることになった。

2009年10月
b0205315_22392676.jpg
秋になって、つちのいえに参加する学生たちと、大原野の大五さんの田んぼでワラを集める。
b0205315_2247111.jpg
夏に制作に入ってから足りなくなると入手困難なので、その秋は何度となくワラ集めに奔走した。
2009年11月末、集めたワラは、小屋をつくって、濡れないように保管した。
しっかり乾燥させれば、ワラは長持ちする。
とはいえ、この時点で、土はどういうものがどれほど入手できるか、定かではなかった。


----------
2010年7月22日(木)、ワラ切り。
b0205315_22535162.jpg
b0205315_22552939.jpg

小屋にためてあったワラを、押切り器で7〜10cmぐらいずつ切る。(芸大の丘にて)
押切器も大五さんにお借りした。
半トン土嚢に思い切り詰め込んで、美術館の作業現場に運んだ。


材料調達:水 water (1)

材料調達 how to get materials top




[PR]
by aKCUA-Cafe | 2010-09-04 03:30 | 材料 materials


水のゆくえ/アクアカフェ2010ドキュメント


by イノウエアキヒコ

プロフィールを見る

カテゴリ

概要 about
コンセプト concept
場所 site
大藪家 Oyabu's house
峠の茶屋 Touge-no-chaya
土のいえ Earthen house
材料 materials
制作プロセス process
5日間カフェ 5days of café
解体 decomposition
琵琶湖疏水 Biwako Canal
テキスト text
協力者 collaborators
問合せ contact

Link

フォロー中のブログ

つちのいえプロジェクト

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル