水のゆくえ:アクアカフェ から原野へ

土は水によってかたちをなし、人は水によっていのちをつむぐ。

ひとが大地に住まうために最初に必要とされるのは、古来、水の制御であった。ひとは水が手に届く範囲に生き、文明は河のほとりで生まれ、水の流れるみちと、ひとやものが移動するみちが、むらやまちを形成した。水の勢いをなんとか制御し、生存の基盤が形成されると、ひとはその風土での自然との関係を表象する「にわ」をつくり、文字通り「文化=耕されたところ cult-ure」を生み出した。

京のみやこも例外ではない。

京都の東端、美術館の横を流れる琵琶湖疏水は、京都が近代都市へと脱皮する礎であった。全長8.7kmの第一疏水は、土木用重機などない時代に、人力で大地を掘り削ってつくられた。明治23(1890)年に完成した疏水は、発電、舟運、飲料・防火・工業用の水をみやこにもたらした。大津市三保ノ関の取水口から流れてきた琵琶湖の水は、やがて、みやこの東の僻地にすぎなかった岡崎の地に、壮麗な別荘庭園群を生み出した。今も市民生活の基盤を支える琵琶湖疏水は、今年、完成120周年を迎える。

他方、京都の西端、静かな里山の風景の残る大枝・大原野地域では、現在、水ではなく、車が流れる高速道路建設のために、多くの民家や竹林、柿畑が次々と取り壊され、風景の大きな改変が進行している。そのなかには、この地が開拓された元禄~享保の頃から存続してきた民家もあった。つくられた当時の姿をそのままとどめる土塀や門屋の壁は、300年近く前に近隣の山野からとられた土でできていた。

「水のゆくえ/アクアカフェ」は、この京の西の端の民家解体現場から江戸時代の土くれ約12tを救い出し、東の端の岡崎の地に運んで琵琶湖疏水の水と捏ね合わせ、ひとと水の関わりを問い直す空間をつくるプロジェクトである。そこには、同じくつぶされる大原野の竹林から取った竹数十本、同地の田で採り集めたワラ数十束、そしてさまざまな人の手と身体が参入する。

土は、焼成したりしないかぎり、ほぼ無限に再生利用できる素材である。それは、水とともに、ひとの歴史的時間を越えて偏在する世界の元素(エレマン)であり、建築から化粧にいたる人類のあらゆる造形活動の最古の原素材(マチエール)である。かつてひとは、身の回りの土を使って住まいをかたちづくり、壊れてもまた土を再利用して新たな住まいへと転生させた。土は、市場で購入したりする必要のない一種のオープン・ソースであり、それらを使って自らの生きる環境を形成することは、オープン・テクノロジーとしてそれぞれの地域で世代を通じて共有されていた。

水についていえば、水道が普及する以前、あるいは水道がない地域で、ひとは川や泉、あるいは地下の水源から、さまざまな道具と身体技術を駆使して水を入手し、運び、利用したし、今も世界各地でそうした営為が続いている。だが現実には、この水の惑星全体の水約14億km3のうち、人が生活に利用できる水は0.01%程度にすぎず、世界の9億人近くが安全な水を飲めないでいる。アフガニスタンで井戸や用水路の建設を行っている医師の中村哲氏は、清潔で安全な水を確保することが何よりの医療行為であると説く。上下水道というインフラの整った社会に生きるわれわれは、蛇口をひねれば水が出ることを当然と思っており、生存の基盤を支える治水事業が命がけの営為であることも忘れている。琵琶湖疏水の工事の犠牲者は、弔魂碑に刻まれた17名にとどまらない。

アクアカフェは、そうした忘却に抗して、われわれの生存を支える水がどこから来て、どこへ行くのかをたずね直す試みである。と同時に、資本主義市場と専門技術の占有体制の手前で、地上に生きるひとびとが共有しうるオープン・ソースやオープン・テクノロジーへのアクセスをはかる試みでもある。

実際、われわれは、地域の人々との交流や労働のなかで、土・竹・藁などの主な自然素材のすべてを無償で入手できた。だがそれは、素材を再私有化したり、専門技術を軽視することではない。逆に、素材と技術に内在する理(ことわり)を身体的に学び直し、それらを生存の作法として、人と人、人と自然のつながりや循環のなかに置き戻すためである。ひとが生きるための素材と技術は、与え/与えられるという、金銭に還元されない悦びとともにもっと交換・共有されていい。

疏水沿いの古い土の空間で飲むいっぱいの水は、価値の源泉を問い直すための「原野」へと、われわれを誘い出してくれないだろうか。

井上明彦

*『Trouble in Paradise / 生存のエシックス』展 ワークブック(京都国立近代美術館編、2010)所収



[PR]
by aKCUA-Cafe | 2010-12-01 03:00 | テキスト text


水のゆくえ/アクアカフェ2010ドキュメント


by イノウエアキヒコ

プロフィールを見る

カテゴリ

概要 about
コンセプト concept
場所 site
大藪家 Oyabu's house
峠の茶屋 Touge-no-chaya
土のいえ Earthen house
材料 materials
制作プロセス process
5日間カフェ 5days of café
解体 decomposition
琵琶湖疏水 Biwako Canal
テキスト text
協力者 collaborators
問合せ contact

Link

フォロー中のブログ

つちのいえプロジェクト

最新のトラックバック

検索