アクアカフェ Aqua-Café とは?/ introduction to Aqua-Café

「アクアカフェ Aqua-Café / @KCUA-Café」は、2010年夏、京都国立近代美術館にて開催された「Trouble in Paradise / 生存のエシックス」展(2010年7月9日〜8月22日)を構成する「水のゆくえプロジェクト」の一部です。

"Aqua-Café" is a part of art project "Where the Water Flows?" which is one of 12 projects of the exhibition "Trouble in Paradise / Medi(t)ation of Survival" organized by the National Museum of Modern Art, Kyoto, in summer 2010.

概要
--------
美術館の横を流れる琵琶湖疏水は、今年(2010年)、120周年を迎える京都近代化の礎です。
「アクアカフェ」は、同じ2010年春、高速道路建設のために取り壊された西京区大枝の江戸時代の民家の土塀や壁の土約12tと、同じく棄却される大原野の竹林の竹や藁、そして疏水の水を使って、水を飲むための空間を展覧会期中にワーク・イン・プログレスとして構築するプロジェクトです。
楕円のかたちは、疏水第一トンネルをつくるために人力で掘られた深さ47mの第一竪坑の断面をモデルにしています。第一竪坑掘削は、疏水建設でもっとも多くの死者が出た作業でした。しかし、この竪坑がなければ琵琶湖疏水はなく、したがって近代都市・京都もありえませんでした。
竣工後は、人と水と環境の関係をとらえ直すさまざまなワークショップのプラットホームになります。
また展覧会終了後は、本体を丁寧に解体し、土や竹を持ち帰って再利用します。
(井上明彦)
--------

Where the water flows : Aqua-Café

Molded earth needs water in order to hold its form, and humans need water in order to survive.
The Lake Biwa Canal, which was constructed 120 years ago, is the cornerstone of the modernization of Kyoto City, and it continues to hydrate and enrich the minds and bodies of the people.
Meanwhile, in the western end of Kyoto, many old houses and bamboo forests are being destroyed to make way for freeway construction.
Approximately 12 tons of Edo-period earth and several dozen bamboos will be carried from this site, and an 'Aqua-Café' for drinking water is built in front of the National Museum of Modern Art which was built alongside the Canal, as a work-in-progress using the water from the Canal.
The ellipse plan comes from the First Pit Shaft of Lake Biwa Canal, which was dug 47m depth by human hands for making the First Tunnel of the Canal. Many workers had been died from the hard labor of digging the Shaft. 
After completed, Aqua-Café works as a café for drinking water as well as a platform for various workshops on the relationship among human being, water and environment.
And after the exhibition, the body is decomposed and the material of earth and bamboo are brought back and reused.
(INOUE Akihiko)

*KCUA < Kyoto City University of Arts



[PR]
by aKCUA-Cafe | 2017-12-31 23:00 | 概要 about


水のゆくえ/アクアカフェ2010ドキュメント


by イノウエアキヒコ

プロフィールを見る

カテゴリ

概要 about
コンセプト concept
場所 site
大藪家 Oyabu's house
峠の茶屋 Touge-no-chaya
土のいえ Earthen house
材料 materials
制作プロセス process
5日間カフェ 5days of café
解体 decomposition
琵琶湖疏水 Biwako Canal
テキスト text
協力者 collaborators
問合せ contact

Link

フォロー中のブログ

つちのいえプロジェクト

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル